今更ですが、七事式について - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

今更ですが、七事式について

七事式は茶の湯の精神、技術をみがくために制定された稽古法とされていますが、実際のところは厳しい緊張感とかはなく、参加者全員で静かな内にも互いにゆるりした流れがある様に思います。
江戸時代には七事式が大いに流行したことから、啐啄斎は七事式出来ない七畳の稽古場を作ったのは有名な話です。
啐啄斎は、七事式の流行が茶の湯を変質させ、稽古のための稽古にしてしまうと憂えたのだと言われています。


中村昌生氏の「茶室の研究」にもその事がはっきり書かれています。