茶道雑誌バテレン追放 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

茶道雑誌バテレン追放

昔の茶道雑誌から昭和49年4月号秀吉のバテレン追放に関して、はっきり書かれているのが興味深い。












キーワードは
#サンフェリペ号事件
要約すると
スペインが容易く領土を拡大出来たのは軍隊による征服の前に、宣教師の布教による住民の懐柔があったと乗組員(船長との話もある)が語った事が、秀吉の耳に入り、かねてよりの日本侵略の疑念に確信を持ち弾圧政策に至ったと言う話。
私見ですが
スペインは南米ペルーでは、ピサロがインカ帝国を滅亡させるなど非道な事をしてますからね。
今でも、民芸品を売り歩いてるのは、当時の先住民族やスペイン系などの白人との混血のメスティーソらでその暮らしは一向に良くなってません。


ちなみに南半球を含む環太平洋地域で、西欧列強の植民地になっていない国は日本以外無かったと記憶してます。
#ピサロ
#インカ滅亡
#FranciscoPizarro