棗の漆塗り - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

棗の漆塗り







朴の木の棗の木地が以前、購入してあったのですが。
なかなか、制作に向かう気持ちがおきなくて(笑)。
と言うのも、以前の制作の時、乾いたと思って水ペーパーで研磨したところその漆の研磨粉を含んだ水が腕にかかって、かぶれてしまったことがありました。
それと、真塗り仕上げにしたのです、一点のチリも許さないと言う鏡面仕上げにするのは大変な手間が掛かかった経験があるため躊躇していたところです。。
今回「喉元過ぎれば」なんとかと言う事で再度のチャレンジです(笑)懲りない性分で。。。
先ずは、砥粉など塗りながら下地調整です。