節分茶事の際玄関用の短冊 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

- コメント

節分茶事の際玄関用の短冊

ふくろうの絵です。
長生庵初代、堀内仙鶴自画讃写しです♪
「ふくろうの更けて一声厄払い」