短冊の絵 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

- コメント

短冊の絵

玄関の短冊の絵を描きました♪
最近散歩道の河畔に渡り鳥がポツポツとくる様になりました♪
カワセミも見る様になりましたので描いて見ました♪