風炉もいよいよ終わり 板風炉を出しました。 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

風炉もいよいよ終わり 板風炉を出しました。

2021年旧暦10月の最初の亥の日
新暦では、11月11日木曜日
この日を我が家では、開炉とする予定です♪
後三日となり、今季使って無かった
板風炉を使う事にしました♪


表千家流には、板風炉を使う習いは有りませんが、板風炉の侘びの雰囲気が好ましく自作しました♪


客付きに、菊の絵を「盛り上げ胡粉」で描きました♪
名古屋城本丸御殿の厨房横辺りに描かれている菊の絵をよ~く見てきました♪








ちなみに、原材料費は4000円程度です(笑)侘び数寄の極地です♪


他流派ですが、板風炉には、籾殻の燻炭を使う様なのでホームセンターの燻炭を入れました。
自分で燻製にするのと殆ど見分けは付きません(笑)