亭主は客を楽しませるために招く - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

亭主は客を楽しませるために招く

「近年家庭へ客を招くと言う習慣が次第に少なくなった。と同時にお茶の世界でも同様に自分の家に釜を掛けて客を招く事が稀になった。先生方で私はやっていると言われる方も大部分は弟子を客にしている場合が多く、それは稽古を付けているのであって、客を招くと言う緊張感は生まれない。」


「奥様が稽古で点前だけを身につけ、それに拘ると世の亭主方は入れない。家元がー楽しみのお茶をやりなさいーとおっしゃる意味が一般には中々通じない様である。」
「どんなに点前が見事でも、どんな名器が使われようとも、亭主の一生懸命の心が通じない(無ければ)単なる行事に過ぎない。」
平成15年3月号 機関紙同門 茶道基礎講座 著者名記載無し