梅練り羊羹を作りました♪ - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

0 コメント

梅練り羊羹を作りました♪

梅ジュースから作った梅ジャムの果肉使って梅練り羊羹を作りました♪
今度の朝茶事の会にお持ちして皆様のご指導を仰こうと思ってます♪
簡単にレシピを(自分のメモです♪)
長芋200g
梅ジャム100g
砂糖100g
白あん(こし)500g
寒天4g(50ccの水に溶かしておく)
上記を鍋に入れて火にかけて練る。
火が通ったら流し缶に入れて粗熱を取って冷蔵庫。
白あんと長芋

梅ジャム
この梅ジャムは梅ジュースにする途中のものを取り出して皮を使わず中の柔らかいところだけを裏ごししたものです。

梅も長芋も裏ごしします。
長芋は蒸し器で中火から強火ぐらいで15分も蒸せば良いと思います。茹でるより蒸した方が美味しいです。

餡も念のため裏ごししました♪

全部混ぜたところに、水にあらかじめ溶かしておいた寒天と砂糖を入れてダマにならない様に良く混ぜてから火にかけます。
火にかける時は、鍋を手でコンロから浮かせて火加減の調子を見ながら、シャモジはげんこつ握りの感じで和菓子職人になったつもりで(笑)しっかり底から練ります♪鍋の縁から火が通るので焦げ付かない様にシャモジを使います♪
ホントはこの時は写真を撮ってる場合じゃないですぅ♪



流し缶に空気が入らない様に注意しながら入れます。
冒頭のレシピの量で12×14センチの流し缶に丁度でした♪




水道で粗熱を取って冷蔵庫に入れておきます。

コメント

非公開コメント