天然忌の茶事(且坐花所望)予習 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

天然忌の茶事(且坐花所望)予習

来週末の茶事に参席させていただく為の予習です。
久しぶりに花台一式を出したら小刀の先が少し錆びてましたので早速研ぎました♪




僕の茶室は壁床ですが、本来の床の間なら、床の間の少し奥の方に据え置きます。
最近は、ハサミも一緒にお出しした方が良いようです。


花を活けて水をさしました。


左手で写真を撮ってますが、本来は水をさすとき左手で茶巾を当てます。


天然の円相の色紙と花
竹花入は自作。色紙も自作(笑)




独服もいたしました♪