表千家では長板二つ置の濃茶はいたしません - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

表千家では長板二つ置の濃茶はいたしません

長板 二つ飾とも言いますが、利休さんの頃の松屋会記などでは、二つ置と言ってました。
さて、長板二つ置(僕はこの言い方の方が好きなので♪)のお点前でSNSで濃茶をしておられる表流の「教授」がいらっしゃっいますが、過去の「茶道雑誌」にもはっきりと濃茶はしないと書いてあります。
まあ、このあたりが表千家流のゆる~いところで、僕もある意味好きなんですけど(笑)。
今一度、出典も明示しておくことにしました。




良く、「付いている先生のやり方正しい」という表現が有りますが、思うに間違って教えてる事もいっぱい有りますね。一旦間違って教えられると弟子や孫弟子まで被害が及ぶので、教授料をいただいて教える以上、常に手元の「茶道雑誌」や「定本」などの書籍なりで確認する必要がありそうです。