風炉の釣り釜 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

風炉の釣り釜

前から気になっていた事が有ります。
利休時代の例えば松屋会記などにある、風炉の釣り釜についてです。
茶事も終わり、ゆっくり読書ざんまいと決め込んでおり、古い「茶道雑誌」を読んでいたところ昭和47年9月号にぴったしの記事が有りました。著者は磯野風船子氏。
炉を板で塞いでその上に風炉を据えたとの事。


実際に置いた写真記事


記事を参考にイラストにしてみました♪


居前は炉の時に同じく、行う様です。
記事の中に(p108中段)、「釜の蓋の取り方柄杓の引き方は炉と同じ。中仕舞いはしない事と、濃茶の時、水を釜に入れてくむ事は風炉と同じ。仕舞いの茶筅すすぎをして引き柄杓にするのも風炉と同じ、、」と有り大変興味深いです♪


しかしながら、何故この様な点前が必要だったのか?
そこがわかりません(笑)。もちろん当時でも五徳は有ったとされています。
ま、直ぐに頭に浮かぶのは、居前が客付きなので近しい間には好ましいとか?