表千家の茶箱点前 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

表千家の茶箱点前

表題について 冒頭から真逆ですが
表千家茶箱点前の定めはありません。



立札と茶箱を愉しむ [表千家流]


即中斎宗匠が茶箱など好きにやったらよろしいとおっしゃったとのこと。

こうした事情から表千家茶箱の点前の話はございません。



●SNSを見ているとこうした事情を知らず以下に示す図書などで誤解をしてらっしゃる方を散見しますので、今回この記事を書く事にしました。




近年、お亡くなりになられた堀内宗心宗匠が、わたしならこうするとの趣旨で出版されてますが、あくまで堀内宗心宗匠の個人的見解であり、お家元が定められたものではありません。






以前、たまたま見学した教場で授業料をとりながらこの定められていない茶箱を教えているところがありました。(正直おどろきました)。





家元制度あっての茶道であり、お家元で定められていない点前を教授料をとって教えるのはいかがなものかと存じます。


ほかにならうべきことは沢山ありますよね。



茶箱はごく内輪(家庭内など)でおやりになるのは一向に構いませんが、同門の方を招いて茶事茶会としてこの点前をするのは、単なる遊びになってしまいかねず控えた方がよろしいかと。。。