稚鮎 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

稚鮎



スーパーに稚鮎が並んでましたので、思わず買っちゃいました♪
料理方法をネット検索すると「アヒージョ」とか出てきましたが、オリーブオイルとニンニクで炒めてしまってはせっかくの、鮎の香りが台無しじゃん!って思って、ここはシンプルに「塩焼き」に♪
メッチャ美味しいです♪日本人でよかったぁ♪


他に「香り」を活かす料理方法あったら教えてくださいませ。
12センチ前後の稚鮎は、頭から全部食べられるので良いですね♪
尚、懐石料理の席で、鮎の身を指で押して、骨を頭から抜くのはやめましょう!「通」のつもりが、茶懐石では野暮にしか見えません(笑)。又余計な一言でした♪




ちなみに、お皿は新作です。