半年ぶりの茶杓作り - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

半年ぶりの茶杓作り

半年ぶりに茶杓作り。

1年程前拾っておいた竹。
一本40センチ程度の竹から、順樋と逆樋で効率良く三本取れそうです♪
一週間ほど水につけて柔らかくしてから削ります。
削るのには、小刀や小型のカンナを使います。
特に竹の目を逆に削る時は、深く削りこまない為にはカンナを使った方がいいです♪

コレ、
プロが主催する製作教室では教えてくれません。

直ぐに「秘伝」とか「一子相伝」と言う世界です(苦笑)。


#竹細工
#茶杓作り
はっきり言って茶杓にこだわりやうんちくはありません。
小さな茶入の口からなるべく多く掬えればいいんです(笑)。

明日5/1は、もう八十八夜なんだね♪
早いですね~♪