火入れの作製 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

火入れの作製

煙草盆の「火入れ」を焼きました小ぶりの火入れが欲しかったのです。






古窯というか萩釉っぽい感じに上部に薄っすらと自分の炉の灰を混ぜて灰釉にしてあります。


なかなか良い雰囲気(自画自賛も良いところ!!)。


僕は、やっぱり猿投窯(日本三大古窯の一つです)など古窯への志向があるようです。




話を火入れに戻して、素焼の時に、ヒビが入いりましたが実用には全く支障はありません(笑)。


#自宅陶芸
#耐火煉瓦窯
今回も、素焼は七輪でしましたが、七輪は難しいです。ちゃんと、耐火煉瓦を積んで、内側にイソウールで耐火断熱した窯が良いです。
#イソウール
#耐火煉瓦
なお、今回サンプル焼成で通常タイプ1240度釉薬を塗布した破片を焼きましたが、ちゃんと焼きあがってました♪
#猿投古窯
#陶邑
#弥生
#灰釉
#素朴な焼きもの
#古代への憧憬