表千家七畳敷茶室と逆勝手向切二畳壁床 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

表千家七畳敷茶室と逆勝手向切二畳壁床

山下恵光宗匠の著書「四季の茶の湯」から
以下引用
「過去には私達の先人達は自らの茶の湯を表現する為に茶室を好んで建て、道具を好みそして自分の茶を具現してきたのである。小間とはそんな茶室である。その人の茶がそこにあるものであって、大きく制約を受けるものではなかった。しかし、仲間は多くなったが自分の家の暮らしの中で、改修してまで仲間を招こうとする人達はごく少なくなった。是非実現を見たいものである。お茶は上を見れば限りない世界であり、自分相応のことで楽しむ工夫をしなければなるまい」