濃茶一客一亭(濃茶の亭主相伴も準ずる) - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

濃茶一客一亭(濃茶の亭主相伴も準ずる)

濃茶亭主相伴は一客一亭に準ずる
亭主に茶碗(濃茶が入ってる)と袱紗が戻った。(正客次礼、亭主受けて礼)
亭主は袱紗を一旦懐に仕舞う)女子は胸に)
亭主、茶碗はヘリ内に置いて相伴の礼する。
茶碗取り上げいつもどおり押し頂き時計周しして飲む。
正客より茶碗と仕覆の拝見の所望がかかる。
亭主は茶碗と懐にしまった袱紗を再び拝見の位置にお出しする。