茶話指月集より 印象深い部分 その1 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

茶話指月集より 印象深い部分 その1

















茶話指月集早稲田大学図書館版


茶話指月集国会図書館版



茶話指月集より印象深い記述 その1


✳︎写真は、有名な「森口の侘び茶人」の部分です、利休が侘茶人を訪ねたら竹竿で柚子を取ってもてなしてくれて利休がたいそう喜んでいたら、かまぼこが出てきた。当時かまぼこが易々と有るはずも無く事前に利休が来ることを聞いて取り寄せたのだと分かった。すると利休は先ほどの、柚子を竹竿で取ったのはお芝居か!と興醒めして引き留めるのも袖に帰ってしまったという話。
 

●手水鉢の捨石は自然に 
●守口(森口)の侘び茶人(かまぼこの話) 
●古田織部が籠花入を薄板に置くのをやめた 
●中柱の小座敷に自在は似つかわしくないー>現在も中柱の席では釣り釜は避けられている。 
●自在の釜で湯が煮立ったら(火を避けて釜を上に上げたくなるものだが)むしろ更に煮えつく様に下げるものである。 
●利休の花押の自在当時既に高値が付く 
●水打ち くぬぎ石は濡らさない。客が来てから、水打ちは騒がしい(茶湯一会集にも有り)。