茶話指月集より 居替わる事について - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

茶話指月集より 居替わる事について

利休は初座後座において客(正客及びその客順)が上座を入れ替わる事について、騒がしいのですべきでは無いと言ってます。




コレ、あるアルですよね。
特に下座床の場合に良く有ります。
国宝の如庵などを想定いただくとよろしいかと。
僕も如庵写しという茶室で、経験しました。お正客様が最もらしく初座後座で席を替わられそう言うものかと思ってましたが、茶話指月集ここの話を聞くと考えてしまいますね。
加えて、茶話一会集にも、下座床と正客の座る位置は関係無いと井伊直弼も書いて居る事からすると、最初から正客は然るべき位置(茶事においては濃茶がメインで有る事を考えればその点前と濃茶が最もいただきやすい場所)に座すのが宜しいかと思いました。


なを、流派によっては、初座を床付き正客、後座を釜付き正客として「居替わる」よう教えているところもあるようです。その場合は、この茶話指月集の話には目をつぶるのが肝要と思われますので念のため。