節句は旧暦で祝うべし。重陽は10月25日で祝うべし。 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

節句は旧暦で祝うべし。重陽は10月25日で祝うべし。

茶事に向けて。残暑ですが気分は秋。

2020年重陽の節句(9月9日)は新暦では10月25日です(キッパリ!)
新暦の9月9日では本来露地ものでは「栗」や「菊」が出回りません。重陽の節句を新暦の9月9日に祝うのは如何なものか!
と、言ってみても気の早い日本人気質で早いことは何でも良いらしい(笑い)
そこここの茶会でも、毎年この暑い時期に着せ綿のお菓子が戴ける(笑)。
上巳も端午も重陽も全て旧暦で祝うべき!
また、余計な事を呟きました。。。ちなみに今月号の「なごみ」でも、筆者らはいずれも旧暦に祝うとこっそり書いておられます。


#観月茶会
#板風炉 自作
#姥口水指 自作
#台目棚 自作