料紙(継紙)風たばこたとう - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

料紙(継紙)風たばこたとう



デザインを決めて和紙をカットします。
和紙の切り方として「くい裂き」と言ってなるべく切り口の段差を感じさせない様にするのがポイントです。
具体的には、センマイ通しの様なもので小さな穴を連続してあけて、そのところに水筆で締めらかせて、紙を「引き裂く」感じで切り離して行きます。
和紙の切り足が見える感じがナイスだと思います♪
センマイ通しをなるべく細かい感覚でドットで打って行きます


ドット状の穴を開けたところに水筆をかけます


美濃紙

千代紙 


パーツを切り終えたところです。
これをのりで貼って、合わせます。