2022年07月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、私はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。

「侘び」については、利休の侘びよりも西行や鴨長明や芭蕉の侘びをめざしてます。いわゆる「極侘数寄者」として。

このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

茶道雑誌平成2年3月号より

宗心宗匠が、茶道講座の前書きで興味深い事を仰っておられたので以下に。利休の茶も「宮仕え」によって、本来の侘び茶からは、少し逸脱したものと言わざるを得ない。のちに、少庵、宗旦が本来の侘び茶に戻そうとされますが、やはり時代には抗し難く、江戸三百年の封建時代は宮仕え茶の湯の全盛期を経過してきました。我々は先づ利休以前の侘び茶の根源を見極めつつ、利休の茶の真価を学び取る事が大切であります。と。宗心宗匠もお...
記事の続きを読む
- コメント

葡萄の水饅頭

我が家のカーポート栽培の葡萄で、水饅頭を作りました♪モンドブリエという品種です♪タネを抜いて、白餡に包んで。タピオカ水饅頭です♪抹茶とともに♪...
記事の続きを読む
- コメント

「利休と芭蕉」

なかなか興味深いですAmazonでとんでもない値段がついてますが、図書館で借りられました(笑)利休と秀吉の茶の湯の違いが他の本と違って、はっきり相反するものとして記述されていて興味深いですね。秀吉の茶を「道具茶」とはっきり言い切ってます。芭蕉についてつくづく思うのは、昨今の俳句ばやり。俳句の技法ばかりが取り沙汰されてますが、この本の著者の意見から思うのは芭蕉は俳句を超越していると思います。清貧にして侘びを...
記事の続きを読む
- コメント

今日は旧暦6月30日

今日は旧暦6月30日本来の夏越の祓えですね♪...
記事の続きを読む
- コメント

4回目のワクチン接種

今回も案の定丸一日ダウン。。。平熱が35.5程度なので7度近くでもダウンです。...
記事の続きを読む
- コメント

かき氷♪

最近かき氷♪練乳は、業務スーパーの安いヤツ♪白玉団子ももちろん自作♪...
記事の続きを読む
- コメント

かき氷♪

最近かき氷♪練乳は、業務スーパーの安いヤツ♪白玉団子ももちろん自作♪...
記事の続きを読む
- コメント

茶道具の贋作の話

結果的に贋作の片棒を担いだ八百善老人の話(茶道雑誌平成元年6月号目利物語より)「八百善の店で茶道具の売り立てがあった時、丁度茶室にはめてあった作者のわかっている炉縁まで、茶道具商によって売られてしまった。数年後横浜の原富太郎三溪園の茶会に行ったら、何と売った炉縁が桃山時代の物として据えられていたとの事。道具屋が原さんに桃山時代のものとして売り込んだもの。」もう一つ 一遍上人の絵巻の残欠。要約するとこ...
記事の続きを読む
- コメント

笹の葉香合

笹の葉型の香合を作りました♪木地のままにしようかと思ってましたが見栄えを気にして、結局青漆を塗りました。内側は錫箔を貼ってみました♪...
記事の続きを読む
- コメント

小鯛の笹漬け

スーパーで小鯛を安く手に入れたので昆布と酢で締めて笹漬けにしました♪...
記事の続きを読む