2022年03月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

袖なし羽織

「カッコいい袖なし羽織」がなかなか無いので作る事にしました♪(羽織も長着も同じ(特にウールの))アンサンブルみたいなのって野暮ったいと思うの僕だけですかね?。時代劇の剣客商売(藤田まこと、平幹二朗(家での服装)の様にかっこよく決めたいです(笑)) 陣羽織の雰囲気を少し使ったりしてみようかな♪ 先づは、既製品でおおよその型紙を採りました♪ 襟を付けてみました♪ 吊るすとこんな感じ♪トルソーが欲しい...
記事の続きを読む
- コメント

ひよこ日記(2週間経過)

生まれて2週間経ちました♪...
記事の続きを読む
- コメント

棗の製作

棗を作りました。漆芸は難しいです。うずらの卵殻と貝の螺鈿と蒔絵です。...
記事の続きを読む
- コメント

男子の後炭 水注ぎで茶巾の扱い

男子の後炭での水注ぎでの茶巾の扱いの独習です。釜の蓋は通常素手で扱います。したがって、手順が女子とは多少異なります。女性の指導者は要注意です。...
記事の続きを読む
- コメント

ハゼちゃん

11月に名古屋港で釣ったハゼちゃんヒーターも無しでちゃんと生き延びてくれました♪...
記事の続きを読む
- コメント

枝炭作り

枝炭作りダッチオーブンで炭焼きしました♪ツツジの枝を天火干ししてダッチオーブンに入れ従来からあるやかんの乗せられるストーブで約4時間(火力はほぼ全開)。(上部には炭を乗せてます)その後、仕上げに台所のガスコンロで40分ぐらい。(上部炭火を載せました)二本立て15本、三本立て2本...
記事の続きを読む
- コメント

小説「土を喰らう日々」

小説「土を喰らう日々」水上勉映画化されるとの事で図書館で借りてみました♪一言で言うなら、野山で採れる食材を禅寺での賄い経験を持つ筆者が、調理し関係する事柄を随筆にまとめたもの。水上勉氏は禅寺に身を置いていた頃、寺の賄いの様な仕事いわゆる典座(てんぞ)の仕事もしていた経験から精進料理の事を書き記した読物となっている。「何もない台所から絞り出すことが精進と言ったが、これは、つまり今のように店頭へ行けば何...
記事の続きを読む
- コメント

生まれてちょうど1週間

ミルワームも美味しそうに食べるようになりました♪...
記事の続きを読む
- コメント

花見団子

花見団子で午後の一服いわゆる3色団子では有りません。三味団子です♪普通の団子じゃ面白くないデス♪和菓子もこう言う変化球が好き♪あん玉に求肥や練り切りでは、味は皆んな一緒ではっきり言ってつまらん!まして、練り切り細工と称して食べ物をいじくり回す細工モノは、日本料理の定石の「食材をいじりすぎるな」と言う教えにも反すると思う。蓬と餅粉卵黄と小麦粉と餅粉桜フレーバーと小麦粉...
記事の続きを読む
- コメント

孵化(生まれて)後6日目

今日で6日目です♪...
記事の続きを読む