2021年12月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

- コメント

越冬、我が家のハゼとインドケヤリ 

我が家のハゼとインドケヤリ ちゃんは、水槽のヒーターは有りません(笑)。ハゼは低温でも頑張って生きていられると思って10月に近くで釣ってきたものです♪予想通りちゃんと生きてます♪...
記事の続きを読む
- コメント

また又新作茶碗 虎

今日、焼き上がりを取りに行ってきました♪「年末に焼けてると良いなぁ」と言っていたら、係方からお電話頂けました♪ありがたいです♪ふるさと創生事業一環で作られた施設です。小さな市で陶芸施設が有るのは珍しいですね♪...
記事の続きを読む
- コメント

年賀状の絵の試作

仙涯さんが、米粉の御礼に描いたそうです。出光美術館にホンモノは所蔵されてる様です♪しかし、かの若冲も虎の絵は中国の水墨画写してるそうで、実物を見て写生はしていない様ですね。昔の虎の絵に猫に似てるのが多いのも頷けます。下が仙涯さんが描いたもの...
記事の続きを読む
- コメント

煙草たとうの絵

明日は雪かな煙草たとうに、こんな絵が有っても良いと思う♪...
記事の続きを読む
- コメント

新作の抹茶茶碗

暦の三嶋手茶碗と団子茶碗表千家同人誌に掲載されてたのを写しました。団子の方は、6代覚々斎の手捏ねを写しました♪愛知県陶磁美術館での作陶です♪...
記事の続きを読む
- コメント

簡易の濡れ灰作り

貯まった炉灰を取り上げ、霧吹きをしながら適当に混ぜるだけで簡単な濡れ灰再生出来ます。稽古には十分です。...
記事の続きを読む
- コメント

座敷用焼鳥器

寒い時期に熱いものを熱いままお出しすると言う観点から、木製焼鳥器を作ってみました。茶事で、「強肴」の時にでもお出ししようと。...
記事の続きを読む
- コメント

茶釜の再生

錆び取りをして、漆を焼き付けました♪電子オーブンで180度1時間加熱。漆は生漆です♪下記の研究結果が参考になりました焼き付けで最高硬度に達する時間です180度1時間程度200度50分程度また、一度常温乾燥させ塗膜を厚くしてから、焼き付けると塗膜が厚く塗ると言う事です。漆の焼き付けに関する研究論文...
記事の続きを読む
- コメント

胡麻おこし

おこしを作ったよ~ハチミツ、黒砂糖、、水を煮詰め胡麻を入れ固めるだけです♪僕は、クルミやラムレーズンを追加してます。ラム酒も軽く振りかけて♪温かいうちに、切り分けて冷蔵庫へ写真ではちょっとバラバラしてますが、温かいうちならラップで包んで形を整えて冷やせば固まります♪...
記事の続きを読む
- コメント

みかんと柿の皮

みかんと柿の皮を乾燥させました♪糠床に入れます。甘味や香りが良くなります♪...
記事の続きを読む