2021年10月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

朝茶のすすめ

朝茶のすすめ「例えば世界の食文化の代表とも言える中華料理、フランス料理の二つからそこに季節を表現したものを取り上げようとしても困難である。ところが日本人の食文化の中には古来季節がその食材の中に自然に入ってきたと言った方が適切かも知れないが、茶人はそれを大切にその季節の歓びとして表現してきた。」「客を呼んでみないとその楽しみや面白味はわからない。客を呼ぶ為に稽古場で点前をする。それを客を招かないでい...
記事の続きを読む
- コメント

亭主は客を楽しませるために招く

「近年家庭へ客を招くと言う習慣が次第に少なくなった。と同時にお茶の世界でも同様に自分の家に釜を掛けて客を招く事が稀になった。先生方で私はやっていると言われる方も大部分は弟子を客にしている場合が多く、それは稽古を付けているのであって、客を招くと言う緊張感は生まれない。」「奥様が稽古で点前だけを身につけ、それに拘ると世の亭主方は入れない。家元がー楽しみのお茶をやりなさいーとおっしゃる意味が一般には中々...
記事の続きを読む
- コメント

干し柿の中に白餡を入れました

干し柿の中に白餡を入れてみました♪結構イケマス♪干し柿が大きい時は半分で、白餡包んでも充分ですね♪...
記事の続きを読む
- コメント

コーヒーの焙煎とスタバのコーヒーとの飲み比べ

コーヒーを焙煎しました♪香りが高く酸味もフレッシュで美味しい♪生豆はAmazonで買いました♪1キロ1300円です♪ローストしたりする手間は有りますが、お得です♪アルミの鍋と金網のザルを被せてローストしました♪スタバのコーヒーと飲み比べても遜色無いです♪...
記事の続きを読む
- コメント

うずらの初卵

生後65日目で初卵を産みました♪オスも一緒に育ててるので、孵卵器入れれば17から21日ぐらいで孵化すると思いますが、食べちゃおうか孵化させようか?迷ってます♪うずらをこれ以上増やしてもなぁ。。。...
記事の続きを読む
- コメント

茶の湯とその季節感(衣)

「例えば袷の中にも今日殆ど見られなくなった綿入れ、更に厳寒の折には重ね着と言って同じ袷を男子は二枚重ねる着方もあった。」「例えば今日夜咄の茶事で、露地を歩いて通り過ぎる分には良いが、腰掛けで待つと言う事が出来にくくなっている。かつては自分自身の着衣で寒さに対応したが、今日では空調の部屋に居るので外気の中でわずかの時間も過ごす事が出来にくくなっている。寒さはそれが冬と言う季節感として味わえなくなり、...
記事の続きを読む
0 コメント

茶の湯とその季節感(住、食)

「これらがそれぞれの家庭の味であり、言い換えればおふくろの味で有る。料理の定番はこんなところにあり、そしてその家のおふくろの味を持って成すのが茶の湯の食事の原点にある。手造りの持てなしである。ところが様々な理由から近年は手造りは粗末なものであって、料理人を呼んでもてなすのが垢抜けした厚いもてなしと考える様になってしまった。かつては、料理人であってもその亭主と相談してその家庭の味に近づけて出すように...
記事の続きを読む
- コメント

アオスジアゲハのスケッチ

早朝散歩で見つけたアオスジアゲハです。葉っぱにそっと包んで持ち帰りスケッチしました♪...
記事の続きを読む
- コメント

鶏肉のつみれを研究中

かしわ(鶏肉)のつみれと市販のつみれと食べ比べ♪自家製つみれを研究中(笑)。もも肉に食感を楽しむ為に砂肝のミジン切りを混ぜてみました。今回、自家製のものは玉子は使いませんでしたが、市販の方にはかなりの量で玉子が入っててふわふわです。。因みに、「つくね」と「つみれ」の違いってご存知ですかぁ♪ つくねは玉ねぎやパン粉つみれは卵 山芋(片栗粉)かしわの専門店で聞きました(笑)。道理で、つくねはなんとなく「茹で...
記事の続きを読む
- コメント

もてなしの暖かさ

「近年茶事をして客を招いても、その心を受け止められないでいる人、感じ取れなかったり、気付かなかったり等色々あろうが、亭主側から見れば淋しい客振りである。それには色々の理由があろうが、家庭で客をしない家で育った人達が多くなった事が挙げられる。客をしない家は亭主の気分が分かりにくい。次に大寄せの茶会だけで育った人達には、そこには細やかな心配りなど存在しないから当然相手の心の理解出来ない茶人が出来上がる...
記事の続きを読む