2021年06月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

茶事梅雨の茶事に参加しました(2)

令和3年6月 茶懐石の献立です向付 ハモのゆぶり汁 かぼちゃ 袱紗味噌椀 水無月しんじょ焼物 鮎焚き合わせ 冬瓜 厚揚一口椀 甘草の花八寸 海のもの アワビ酒蒸し山のもの シシトウ強肴 米ナス 味噌にエビとカイワレ香の物 たくあん他湯と主菓子 葛焼干菓子 錦玉 落雁この教室では午前中に当日の参加者の皆さんでお料理を作り午後からお茶事をします♪料理はもちろんの事、亭主や正客も当日決めて担当しますので、自分で茶事ができ...
記事の続きを読む
- コメント

真鯛の和風ジュレがけ

和風味のジュレを真鯛にかけました。ミツバとミョウガ(下味付け)を和え♪ジュレのキラキラ感が涼しそうです♪凝固材にはアガーを使ってます♪クミンシードをすりつぶして入れてます。香りが良いです♪...
記事の続きを読む
- コメント

土鍋の熱湯炊きご飯

熱湯炊きご飯はまずいと言う書き込みがネットに有りますが、そんなことはありません。コツが有ります。茶事の懐石料理の場では茶懐石で有名な料理屋さんではちゃんと熱湯炊きをしてます。なぜか?ご飯をお出しするタイミングに、より近い時間で正確に炊きたての、未だお湯が「ジャッ」とふつふつしている「炊きバナ」のご飯がお出しできるからです♪釜の底にはうっすらとお焦げを作ることもできます。このおこげの香りが、食欲を更...
記事の続きを読む
- コメント

羽二重餅の試作

求肥と卵白で「半雪平生地」を作ってみました。、、、一時間ほど冷蔵庫で馴染ませてみたのですが、未だ指にまとわりつい付きます。。。何とか、歯ごたえ良くサクッとして指にまとわりつかない生地が出来ないかと試作します♪...
記事の続きを読む
- コメント

蟹の蓋置

以前作った胎陶漆器の蟹の蓋置に螺鈿しました♪今度の茶事で初使います♪貝は、懐石料理教室で食べたアワビの貝殻をなるべく薄く削って、漆の上から接着しました♪こうやって工芸作品を自分でやってみると、普段茶人たちは、茶の湯の事を総合芸術と言って偉そうにしてますが、こう言う工芸作品をありがたく使わせて頂いていると言う謙虚な気持ちが必要だと言う事が良く理解できます♪...
記事の続きを読む
- コメント

茶事梅雨の茶事に参加しました(1)

今回は、露地傘、露地下駄を使っての茶事でした♪こちらの茶事教室(愛知県 名古屋市 南区)には何年も通わせていただいてますが、露地傘や露地下駄は使った事がありませんでした♪貴重な体験でした(笑)あ、もちろん自分の茶事ではちゃんと用意してます♪小雨の中で露地傘を使っての茶事がしてみたいです♪茶事教室のスケジュール表です。...
記事の続きを読む
- コメント

スタンダードローズ用の支柱部分

スタンダードローズ用の支柱部分が順調に育ってます♪...
記事の続きを読む
- コメント

稚鮎の甘露煮

今回は、ザラメ砂糖とか、たまり醤油も使いましたので本格甘露煮に仕上がりました♪八寸の海のもの用の試作です♪肝心の鮎の香りと言う点では殆ど飛んでしまいますね。。。八寸の食材としては別ですが僕としては、あっさりと塩焼きが一番だと思いました(笑)...
記事の続きを読む
- コメント

山桃シロップ

採取して冷凍した山桃を梅シロップと同じように、氷砂糖とチョットザラメで漬けました...
記事の続きを読む
- コメント

フルーツ葛餅

試作品採取した桑の実ごろりのジャムとシロップを使った葛餅です。美味しい♪茶人の愉しみです♪...
記事の続きを読む