2021年03月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

昔の茶会記に思う事

「茶会記を読み解く」から思った事。。。この本は、結局購入しました♪自分は、各茶会記を少しは読んでたので書いてあることが余計に頭に入って来ましたが、直接各会記を読んだりする時間の無い人には、好ましいのでは無いでしょうか)。内容の話の前に。冒頭に、現代の常識に反して、申し訳ないと一言申し上げておきますね♪写真1は、天王寺屋会記永禄10年に津田宗及が拝見した玉澗の「洞庭秋月図」のメモ。写真2は、万治3年の仙叟宗...
記事の続きを読む
- コメント

桜の木の下で野点

満開の桜の木の下で野点 略点前...
記事の続きを読む
- コメント

ミツバツツジのスケッチ

昨日散歩途中で採取したミツバツツジのスケッチです。...
記事の続きを読む
- コメント

茶花は野山で採取

散歩途中で見つけると嬉しい三つ葉ツツジほんのいっとき若緑の房をつけるキブシそれらを茶席に活けてます♪...
記事の続きを読む
- コメント

モミジの花と雪洞の水指

モミジの花が咲いてますね♪満開の桜に誘われて、自作の雪洞の水指を出しました...
記事の続きを読む
- コメント

たまには干菓子を買う

滅多にお茶菓子を買わない私(茶事の菓子自分で作る)ですが、近くの花屋(「名古屋園芸」さん)にハスの苗を夏頃注文しておいたのがようやくお店に届いたとの連絡があったので取りに行き、そのついでに、横断歩道の北側にある干菓子で有名な和菓子屋さんで干菓子を買いました♪せんべいについて、尋ねても生返事の店員さん。 然りでしょう。。。せんべいはどの和菓子店も金沢あたりのせんべい専門店に発注するようですね。。普通...
記事の続きを読む
- コメント

桜の下で野点

桜の咲く堰堤で野点をしました。青竹の三脚に雲竜釜を鎖で釣って。三月末の雨の後は、案外風が強いので晴れてても大変な時があります当日も、風が強く、抹茶を茶碗にはくとき、粉が飛び散ってしまうしナツメも倒れるくらいでした♪茶筅は、下から小さな棒(ウグイスという)を立てて倒れないようにしてましたが、なつめの転倒対策も必要ですね。...
記事の続きを読む
- コメント

柳桜

自然は美しい...
記事の続きを読む
- コメント

水指

水指因陀羅の丹霞焼仏図と夏珪の渓山清遠図(故宮博物院蔵)を描きました♪以下、参考まで。因陀羅《禅機図断簡 丹霞焼仏図》内容が面白いですよ。左側、たき火に手をかざすのは中国唐代の禅僧丹霞です。燃やしているのは、仏像。右側の僧侶にその行動をとがめられているのですが、おシャリ様を取ろうとしているなどと言って逆に偶像崇拝の無意味さをつき、やり返してしまいます。以下本歌...
記事の続きを読む
- コメント

色紙にジョウビタキと春蘭

大色紙金扇に尉鶲と春蘭の絵を描きました♪...
記事の続きを読む