2020年09月 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

雲龍 村雨餡 俵屋吉冨風 和菓子 レシピ

雲龍風和菓子完成写真断面レシピ概要そぼろ餡(村雨)作り方漉し餡300g上新粉25g漉し餡に上新粉を混ぜて、ザルで裏ごしし、そぼろをなるべく潰さない様に平らに敷いて蒸す。ポイント型はロールのサイズ約20センチ程有ると丁度良く巻ける。横は15センチ程度。なるべく大きな蒸し器を用意すると良い。(巻く為には、縦が短いと一周巻けなくなる事が有る為)(巻き寿司の要領で)型の上にクッキングシートを敷いておく。そぼろ餡を敷く時は...
記事の続きを読む
- コメント

彼岸花

Iphone F 50mm単焦点レンズ...
記事の続きを読む
- コメント

バラの台木

ノイバラを挿し木してます。バラの接木をする為とスタンダードローズを作る為です。...
記事の続きを読む
- コメント

棕櫚箒作成

棕櫚箒を新しくしました♪古いもの仮留めして縛ると良いです。...
記事の続きを読む
- コメント

秋の野山から アケビ

...
記事の続きを読む
- コメント

秋の虫邯鄲と能の邯鄲 秋の茶会の趣向に

秋の夜長 邯鄲が鳴いてます 虫の邯鄲から連想して、能の「邯鄲」 大意は次のとおり 盧生というものが、人生について知りたいと旅に出て一夜の宿をとった。 そこで、宿の主人から「邯鄲の枕」なる枕をすることとなった。 仮寝から覚めやがて、盧生は中国の皇帝にまでなって栄華を極める。 、、が、すべて夢であったという話。 盧生は、人生の儚さを教えてくれた「邯鄲の枕」を持って 帰路に就く。...
記事の続きを読む
- コメント

料理メモ 鮎の塩焼きと小豆しんじょ

小鮎を背開きにして塩焼きにする。抜いた骨は、骨せんべいにする。岐阜羽島京料理音羽さんでの一品、美味しかった~小豆と青豆のしんじょさっぱりとしてしかも季節感豊かで良かった♪イチジクの白ごま味噌和えも美味しく頂きました。イチジクと胡麻味噌は合いますね♪...
記事の続きを読む
- コメント

茶会(18) 端午茶会 令和元年5月22日

端午茶会 3名様10時から正午前寄付き腰掛 蹲 席入り挨拶主菓子 菓子椀濃茶続き薄...
記事の続きを読む
- コメント

豆腐田楽炭火焼

豆腐田楽今日は少し涼しかったので炭火焼の豆腐田楽をやってみました。うなぎの蒲焼き用の長焼きです♪強火の遠火が結構熱い🥵自作のおかもち風の器です。...
記事の続きを読む
- コメント

寄向付 名残の季節

寄向付 よせむこうつけ名残の季節の茶事で使います春夏秋と過ぎ行く季節を想いながら、お客様それぞれに異なったお向こうの器でもてなすと言う趣向です。侘びた雰囲気が漂い好きな趣向です♪卵焼きと焼きナス手付織部鉢竜田川鉢アワビ鉢instagram...
記事の続きを読む