木工、漆芸、工芸 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

一貫張り製作

先日の四方盆に味をしめて今度は茶杓飾り盆を一貫張りで製作してます。和紙をくいさきしてるところです。貼った紙の境目をなるべく見せない様にする伝統的方法です。...
記事の続きを読む
- コメント

四方盆作り

四方盆を作ってます。指物師や木工、大工職は「四方転び」と言うくき術を使いますが私は専門家ではないので三角関数で(笑)。...
記事の続きを読む
- コメント

今日も陶芸

呼び継茶碗とぐい呑みと茶入...
記事の続きを読む
- コメント

仕覆手作り

仕覆が完成しました♪そして、前後しますが古くて傷んでいた既成品の仕覆を分解しました♪僕は昔から家の時計でもなんでも分解してましたが、再度の組み立ては失敗してました(笑)。。。分解してみて分かった事。1、底は芯の板より一回り小さめに縫う2、つがり糸は両方が結び玉で留めてあるつまり、上部のつがり糸を縫ってからつばくろ口を縫ってる3、中の綿がくるりと巻きつけたカタチになっている4、ダーツは切り込みを入れずに直接...
記事の続きを読む
- コメント

建水と菓子器

伊良湖岬の漂流物すっかり波に揉まれて油の抜けた竹根と椰子の実です。何を作ろうかと、ずーと雨ざらしにしてましたが、建水と菓子器にしました♪中に朱色の漆、外側にはあまに油を刷り込みました♪椰子の実にはココナッツミルクが、入ってました♪流石に飲みませんでしたが(笑)。島崎藤村の歌にも有りますが、伊良湖岬には本当に椰子の実が流れ着くんですね♪ロマンですね♪そんな話しもお茶席で出来そうで楽しめそうです♪...
記事の続きを読む