木工、漆芸、工芸 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

袖なし羽織

「カッコいい袖なし羽織」がなかなか無いので作る事にしました♪(羽織も長着も同じ(特にウールの))アンサンブルみたいなのって野暮ったいと思うの僕だけですかね?。時代劇の剣客商売(藤田まこと、平幹二朗(家での服装)の様にかっこよく決めたいです(笑)) 陣羽織の雰囲気を少し使ったりしてみようかな♪ 先づは、既製品でおおよその型紙を採りました♪ 襟を付けてみました♪ 吊るすとこんな感じ♪トルソーが欲しい...
記事の続きを読む
- コメント

棗の製作

棗を作りました。漆芸は難しいです。うずらの卵殻と貝の螺鈿と蒔絵です。...
記事の続きを読む
- コメント

卵殻 漆芸

卵殻のテストうずらの殻を漆の加飾に使うテストしています。卵殻と言う漆の手法ですが、白く引きたせたい部分に玉子の殻を使います。この場合、鶏ではなく殻の比較的薄いうずら使うのが定番です。従来の方法は接着剤としての漆を塗って、そこに丁寧に一片づつ置いていく根気のいる仕事です。趣味なら良いけど、コレが仕事なら三日と持ちません(笑)。定着乾燥させたらその上から再度漆を塗って、完全に乾いてから800番程度の水ペー...
記事の続きを読む
- コメント

棗の漆塗り

朴の木の棗の木地が以前、購入してあったのですが。なかなか、制作に向かう気持ちがおきなくて(笑)。と言うのも、以前の制作の時、乾いたと思って水ペーパーで研磨したところその漆の研磨粉を含んだ水が腕にかかって、かぶれてしまったことがありました。それと、真塗り仕上げにしたのです、一点のチリも許さないと言う鏡面仕上げにするのは大変な手間が掛かかった経験があるため躊躇していたところです。。今回「喉元過ぎれば」な...
記事の続きを読む
- コメント

茶箱作り

茶箱を作りました。今日一日の仕事です(笑)コーナークランプが大活躍スライド丸鋸を重宝してます早速 器据を使って、お裏様の「月点前」風にやってみました♪前投稿と重なりますが表千家では茶箱は特に決まってません。即中斎宗匠がそうおっしゃってます。ですから、自由にやれば良いんです♪...
記事の続きを読む