書 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

軸に「外題」を付けました

外題です。...
記事の続きを読む
- コメント

花押試作

花押を作ってみました♪参考図書花押読み解き小辞典花押のせかい茶人の花押古今茶人花押集花押・印章図典...
記事の続きを読む
- コメント

白軸にレイアウトを検討中

十一面観音様如實知自心観音様は、ガチガチの鉄線描描こうか?それとも仙涯さんの様にイラスト風に描こうか?、、、自分としては、こちらの十一面観音様を拝見していた時に感じた気持ちとしては、きちんとなるべく細部まで描いてみたい気持ちです♪左 お手本右 自筆...
記事の続きを読む
- コメント

西本願寺本のついての綾村氏見解

今朝も、古い茶道雑誌を読んでます。今は、過去の10月号だけを抜き出して。季節感を味わうのには絶好です♪もっとも、会記はほぼ2ヶ月遅れでの記載ですが。さて、綾村担園氏による西本願寺本への感想面白い。彼に拠れば、「悪達者なものの寄合書き」あるいは「どちらかと言えば書品の下がっている事はやむおえまい」とある。更に「高野切の三種のように、桂本万葉集のように、粘葉本朗詠のような、平安朝全盛期の書写は、まさに健康...
記事の続きを読む
- コメント

高野切臨書

相変わらずの臨書高野切茶道雑誌昭和45年10月号に綾村担園氏による高野切書風の意義と言う投稿があったので興味深く読まさせていただいた。冒頭「ちかごろの流行している草仮字の書道は素直さを忘却してしまっています。」とはじまるのが興味深い。50年隔てた今も、これは、常々僕が思っていた事。現代書家の展覧会に行くと自己陶酔型の書を見せつけられます。大きな団体の書家にしても散見する。そう言う事を知った上で「高野切」...
記事の続きを読む