同門誌 - 藤庵の日記(茶の湯その他) teaceremonytouan

一椀のお茶を通して直心の交わりをいたしたいと願っています。手持ちの茶道具のほとんどは手づからのもので名物とか高価な道具はございません。丿貫の様な極侘びの茶です。お楽しみいただければ幸いです。ブログの記事には茶の湯の他日々の事など自ら記録として書き留めている事柄もございます。

プロフィール

藤庵 teaceremonytouan

Author:藤庵 teaceremonytouan
茶の湯に関係することを主に書いてます。
「茶の湯は総合芸術」と言われますが、その意味は、僕はいろんな書画、陶芸工芸の貴重な作品をありがたく使用させていただいてるという謙虚な姿勢が必要だと思います。
このほか、自作の日本画や工芸作品、またアクアリウムなども掲載しています。

最新コメント

- コメント

戦後の復興

「従来と言うのは、私たち茶人とは客に唯お茶を点ててもてなすもので、それに必要な点前を先ず習いなさいと言う事から始まった。そこで点前をする事が即ちお茶であると夢中でおぼえて来たものである。」「茶の湯の師匠とは点前を教える先生と言う考えが定着し、それが茶の師匠の暮らしを決定付けていった。茶の湯とは茶事をして美味しいお茶をお客にもてなすという本来の姿は全く失われて、唯点前が色々出来る事が即ち茶人であると...
記事の続きを読む
- コメント

自宅で友にお茶を

「茶の湯を履修する時に先ず点前から始める事は正統な習いであるが、点前を覚える事がお茶の習いの目的であると言う考えに落ち込みやすい落とし穴であると言える。点前を習う事はそれを覚える事が目的ではなくて、茶を理解する為の手段である事が忘れられてしまうのである。それではその目的はどうすれば良いのだろうか。」「繰り返して自宅へ客を招いていかなければならない。点前が出来ても、客を招く実践をしない方々には中々そ...
記事の続きを読む
- コメント

小間の釣り釜

「茶道筌蹄の記述の中には、今では消えてしまった点前作法や今と違う扱い方など新しい発見がいろいろあります。中柱のある座敷では鎖や自在は使わないと有ります。これは今も小間の台目席で釣り釜をする事はありません。稲垣休叟は、これに注をつけて、中柱のある茶室で自在は使わないと小庵が言った、と記しています。自在や鎖は、茶室が囲炉裏の間から発展した事を考えると、小間であれ広間であれ使って構わないと言うのが古い伝...
記事の続きを読む
- コメント

お茶のある暮らし

「今日では一般には、大寄せの茶会しか見ることが出来ないので、茶の湯とはあんな風なものと思われがちなのは残念でならない。正式には茶事と言う丁寧な持てなしが有り全てはこれから出発している。それを何処でもいつでも簡単に誰にでもはお目にかけにくいので仕方の無い事であるが、出来るなら茶のもてなしとは、かくあるものという事を一人でも多く、しかも自宅でやって欲しいと思う。」「茶の湯では人を招くのに、お寺だとか料...
記事の続きを読む
- コメント

寒さの茶の湯

「暖房の設備が充実して人々が皆、薄着になったことである。かつては室内でも温度が低い為、冬には日常に綿入と言う着物が有った。室内で今で言う外套を着ていた様なもの」「表向の場所でも紋付に重ね着と言う姿があり同じ生地で二枚の紋付になっており、下の方が少し小さく仕立てて重ねても重なりが上品に見えて中々粋なものであった。」「手あぶりと言うものの登場になる。現代人の感覚から言えば、手だけ暖めてもと滑稽に感じる...
記事の続きを読む